内田氏からのメッセージ

プロフィール

内田 康博(うちだやすひろ)

1964年 埼玉県秩父市に生まれる
1990年 京都大学工学部建築学科卒業(建築史研究室)
1990年 渡辺豊和建築工房勤務
– 1997年
1999年 一級建築士事務所 内田康博建築研究所 設立
2003年 特定非営利活動法人 京町家再生研究会 幹事
2005年 一般社団法人 京町家作事組 理事
2014年 京都景観賞 建築部門 奨励賞 受賞(「桜木町の家並」)

 

テーマは「京町家を新築して旅館にする」こと。

当初は既存の古い京町家を探し、旅館に改修することを考えていましたが、なかなかちょうどよい物件が見つかりませんでした。そうこうするうちに、工場として使われていた古い建物が残る土地が見つかり、思い切って取り壊し、新築することができないか、と考えることになりました。

<楽遊>さんは、あくまでも、伝統の姿を今に受け継ぐ京都の町家で旅館業を営みたい、とのお気持ちで、新築といっても、伝統の姿を踏襲したうえで、必要な機能を組み込むことを希望されていました。京町家の良さを生かした改修であれば、いつもやっていることです。できる限りもともとの伝統の工法に則り、本来の意匠、本来の美しさをさらに磨き上げながら、現代の生活を円滑に営めるように配慮し、現代の設備を挿入しつつ、違和感なく仕上げること。それが日常の仕事です。改修であれば、もともとその建物の持っている魅力を損なわないように配慮することで、それだけで魅力的な空間となります。新築となるとそうはいかず、自由度が高まる分だけ、伝統から離れ、受け継がれた魅力を失ってしまう可能性があります。そこで、京町家の定型を基本とし、計画を進めました。

外観は屋根の庇が道路から見て水平にみえる平入(ひらいり)の総2階建てとし、1階の表は入口の格子戸の他、平格子(ひらごうし)、仕舞屋格子(しもたやごうし)を使い分けています。2階の表はある程度のプライバシーの配慮のため、平格子としました。

入口を入るとトオリニワを奥の庭まで通し、土間の空間としています。トオリニワの奥、ハシリニワの上部は吹き抜けとし、火袋を再現しました。視線が水平に広がる和室の空間と対象的に、上に向かって開放的な空間となっています。

建物の裏手には、前栽と呼ばれる小さな庭を設け、室内に風を通し、光を取り入れるだけでなく、植栽や庭石の姿が心を落ち着けてくれます。

客室は畳敷の和室とし、吊床を設け、掛け軸や絵画、花器などの室礼(しつらい)の空間としています。

素材は、ほぼすべて伝統の材料である木、草、土、石、紙、鉄、ガラスのみで構成されています。目で見て、手で触れ、体で感じることで、長い時間をかけて馴染んできた素材感が感じられます。

以上はすべて、京町家の姿を基本とし、伝統に則って計画していますが、それは千年の都の知恵と工夫の結果が総合されたものと考えています。当然、新しい工夫も必要になりますが、伝統の素材や意匠に違和感のないように、近代、現代の素材、設備は極力目立たないように配慮しています。

宿泊される皆様には、受け継がれた伝統の技と知恵、素材と空間を感じていただければ幸いです。

(設計担当:内田康博)