伝統的な京町家に泊まり、町家の庭を眺め、
街中を散歩して、京ぐらしを体験する。

京町家 楽遊 堀川五条は、京都らしい風景を形作る伝統建築「京町家」を再現した新築の旅館として、2016年にオープンしました。通りに面した格子窓、腰掛けるときだけ下ろす軒先の「ばったり床几」、敷地と道路を隔てるとともに、泥はねや埃から家を守る「犬矢来」、ひさしの上で災いから家を守ってくれる「鍾馗(しょうき)さん」など、京町家の伝統的な意匠や日本の木造建築のよさを受け継ぎつつも、新築ならではの現代的な設備を備えています。 堀川通りと五条通りが交わる一帯は、観光地の中心というよりも、京都の人々の生活エリア。住宅街に銭湯や小さな食堂、居酒屋さんが点在する周辺を散策すると、京都に住んでいるような感覚を味わえます。 場所は京都駅と二条城の中間あたり、西本願寺から徒歩5分。幹線道路である堀川通りと五条通りに近いため、徒歩3分圏内にあるバス停からほとんどの観光地へのアクセスが可能。嵐山に行く「嵐電」始発の四条大宮駅、梅田へとつながる阪急大宮駅まで徒歩13分。地下鉄五条駅まで徒歩13分。JR丹波口駅まで徒歩15分。観光するにもとても便利です。

楽遊堀川五条の

意匠

京町家 楽遊 堀川五条は、大正から昭和初期にかけて多く見られた京町家建築をできるだけ忠実に再現しています。「格子窓」「ばったり床机」「犬矢来」「火袋」など、京町家ならではの意匠が随所に施され、建物だけでも見どころがたくさん。別邸ロビーに面した日本庭園は、明治・大正時代の町家の庭をイメージして造園されました。

楽遊堀川五条の

館内設備

京町家 楽遊 堀川五条の入り口にかかるのは、染のオーダー専門店『四季彩』さんにお願いした暖簾です。暖簾をくぐってロビーやお部屋に入ると、伝統の「京版画」や創業90年の座布団店『洛中高岡屋』にあつらえていただいた京座布団が建物を彩ります。館内を柔らかい灯りで照らすのは、祇園で100年あまり灯りを作り続けている『三浦照明』さんの行灯やお部屋の照明です。ご滞在いただくだけでさまざまな京都の伝統や工芸に触れていただけるよう、内装にもこだわりました。同時に快適にお過ごしいただけるよう、全室エアコンも完備。ロビーと1階のお部屋には床暖房も設置して、冬もぬくぬくです。

楽遊堀川五条の

お部屋

京町家 楽遊 堀川五条は全11室。本館が6部屋、2020年4月に増築された別邸が5部屋という構成です。本館と別邸は同じ建物内にあり、屋内の廊下でつながっています。お部屋について詳しくは下のリンクからご覧ください。

Access

京町家 楽遊 堀川五条

〒600-8357 京都市下京区黒門通五条上ル柿本町590番16
TEL 075-366-3211 FAX 075-366-3212

● 京都駅中央口前バス乗場A3より「206」系統バスで「大宮五条」バス停下車、徒歩2分

● 京都駅から

  • ・タクシーで約6分
  • ・自転車で約10分
  • ・徒歩約25分

● JR丹波口駅から

  • ・徒歩約15分

● 地下鉄五条駅から

  • ・徒歩約13分

● 阪急大宮駅、嵐電四条大宮駅から

  • ・徒歩約13分

● タクシーでお越しになる際は下のマップを運転手にお見せください。

● 駐車場はございません。最寄りのコインパーキングをご利用ください。