京町家楽遊仏光寺東町の館内設備

京町家 楽遊 仏光寺東は、館内にも随所で京都を感じていただける工夫を凝らしています。玄関にかかるのは染のオーダー専門店『四季彩』の「暖簾」、それぞれのお部屋は毎月異なる「短冊」を飾り、ロビーの壁一面には新進気鋭の画家、山羽春季氏作の日本画。『河合香艸園』のご主人が、手塩をかけて育てた「盆栽」など京都らしさを表現しています。ご滞在いただきながら楽しめる京都の品々をご紹介します。

館内設備一覧

京町家 楽遊 仏光寺東町では、旅館の随所に京都の洗練された技術を堪能できるようになっております。そのような館内の設備をご紹介いたします。

楽遊仏光寺東町の

意匠

京町家 楽遊 仏光寺東町は、京町家建築を生かした作りです。3階建てで、1階はロビー、2・3階に全9室というコンパクトな建物のなかに、「格子窓」「ばったり床机」「犬矢来」「吊り床」など、京町家ならではの意匠を随所に凝らしています。入り口に盆栽が置かれ、お隣が少林寺道場というのも、独特の風情を加えています。