京都一の繁華街、四条河原町からほど近い
京町家スタイルの旅館

京町家 楽遊 仏光寺東町は、2018年9月にオープンしました。京都の伝統的な美意識を感じつつ快適に過ごせる旅館、そして「旅人に寄り添う旅館」を目指しています。外観は伝統的な京町家。格子窓、腰掛けるときだけ下ろす軒先の「ばったり床几」、敷地と道路を隔てるとともに、泥はねや埃から家を守る「犬矢来」など、京町家の意匠を生かした建物です。と同時に全室バスルーム・エアコン付きと、新築ならではの現代的な設備も備えています。 暖簾をくぐってロビーに一歩入ると、目に入るのは壁一面に飾られた日本画。新進気鋭の画家・山羽春季氏の作品で、日本の花々と折々の京都の祭りを大胆な構図で描いた絵は見る者の心を浮き立たせるような楽しさに満ちています。建物に隣接した少林寺拳法の道場では、見学はもちろん、さまざまな体験プログラムもご提供していく予定です。 場所は京都の心臓部。京都を代表する繁華街・四条河原町からほど近く、錦市場まで徒歩約6分、祇園まで徒歩約15分、清水寺も3キロ圏内で、京都を代表する観光地を徒歩で巡れる抜群の立地です。

楽遊仏光寺東町の

意匠

京町家 楽遊 仏光寺東町は、京町家建築を生かした作りです。3階建てで、1階はロビー、2・3階に全9室というコンパクトな建物のなかに、「格子窓」「ばったり床机」「犬矢来」「吊り床」など、京町家ならではの意匠を随所に凝らしています。入り口に盆栽が置かれ、お隣が少林寺道場というのも、独特の風情を加えています。

楽遊仏光寺東町の

館内設備

京町家 楽遊 仏光寺東町の入り口にかかるのは、染のオーダー専門店『四季彩』さんにお願いした暖簾です。暖簾をくぐってロビーに一歩入ると、目に入るのは壁一面に飾られた日本画。新進気鋭の画家・山羽春季氏の作品で、日本の花々と折々の京都の祭りを大胆な構図で描いた絵は見る者の心を浮き立たせるような楽しさに満ちています。ご滞在いただくだけでさまざまな京都の伝統や工芸に触れていただけるよう、内装や小物にもこだわりました。同時に快適にお過ごしいただけるよう、全室エアコンも完備。

楽遊仏光寺東町の

お部屋

京町家 楽遊 仏光寺東町は全9室。2階に2名様定員のお部屋が3部屋、3階に2名様および3名様定員のお部屋が6部屋です。お部屋について詳しくは下のリンクからご覧ください。

Access

京町家 楽遊 仏光寺東町

〒600-8054 京都市下京区仏光寺東町107
Tel 075-606-5447 Fax 075-606-5448

● 京都市営地下鉄烏丸線四条駅5番出口より

  • ・徒歩約5分

● 阪急京都線烏丸駅15番出口より

  • ・徒歩約5分

● 京都駅中央口よりタクシーで約10分
タクシーでお越しになる際は下のマップを運転手にお見せください。

● 駐車場はございません。最寄りのコインパーキングをご利用ください。